Spiritual Cord トップ > 霊的真理概要



霊的真理概要



はじめに


 霊的真理の概要書としては、スピリチュアリズム・サークル「心の道場」が出版している「スピリチュアリズム入門」が最適でして、これ以上のものは私には書けませんので、直接「スピリチュアリズム入門」を読まれることをお薦め致します。
 スピリチュアリズム・ブックス  (「心の道場」が自費出版している「スピリチュアリズム入門」の全文が公開されています)

 しかし、本をわざわざ読むのは面倒くさい、霊的真理とは要するに何なんだと思われる向きもあるかもしれません。そこで、霊的真理の重要な部分を超簡単にまとめましたので、どうぞ読んでください。
(かなり簡略化していますので、本を読まれることを推奨します)



1.霊界


 人は死んだらどうなるのだろうと誰もが一度は思うでしょう。死んだら灰になってもう終わりなのでしょうか?

 いいえ、そんな事はありません。確かに死んだら肉体は滅びますが、魂はその後も続きます。魂は永遠なのです。

 では、死んだ後の魂はどこへ行くのでしょうか? それは霊界です。
 霊界には、それまでに亡くなった身内やその他多くの霊が住んでいます。地上界と似ており、山や川や太陽もあります。しかも地上界よりとても美しい世界なのです。
 霊界は私たちの故郷です。霊界に行けば、そこが本来の場所であり、一時的に地上に赴いていたのだという事を思い出すでしょう。



2.魂の成長


 それでは、私たちはなぜ地上界に生まれてきたのでしょうか?
 それは、地上界で修行を積み重ねて、魂を成長させるためです。
 魂の成長といっても抽象的ですが、より忍耐強くなったり、より愛情深くなったり、つまり以前の自分よりも人間としての器が大きくなることです。



3.魂を成長させるためには?


●試練をを受け入れ、乗り越える
私たちは地上で生きていくにあたって、多くの困難に出会います。仕事・病気その他いろいろです。
それは、何の意味もなく生じるのでしょうか?いいえ、違います。それらの困難は、私たちの魂の成長にとって必要な試練なのです。言い替えると、それらの試練を受け入れ、乗り越えていくことによって、私たちの魂の成長が促進されるのです。

●利他愛の実践
人のために行なう行為全般を、「利他愛の実践」と言います。悲しんでいる人を励ましたり、困っている人に援助したりする行為などです。利他愛の実践を通しても魂の成長は促進されます。
ところで、利他愛の実践と聞くと、ボランティア活動を連想される方もいらっしゃるでしょう。もちろんボランティアも利他愛の実践の一つですが、全てではありません。日常生活の中で出来る奉仕活動全般を意味します。
家庭は最も身近な実践の場です。まずは家族から大切にしてみてください。



【Spiritual Cord トップに戻る】


♣     ♣     ♣  姉妹サイト  ♣     ♣     ♣
ジュニアのためのスピリチュアリズム入門
真理の刺繍